若ハゲにならないために!薄毛、抜け毛を予防する方法を紹介

20〜30代の若い方向けに薄毛、抜け毛を予防する方法について紹介するポータルサイトです

ハゲ

薄毛の方が試したい!正しいドライヤーの使い方

ドライヤーの使い方を変えてみて

d8d64924e6f5bd70b5b26e36a90553fd

シャンプーのやり方だけではなくドライヤーの使い方も変えました。
それまでは風呂から上がったらタオルでゴシゴシふいて、一番強い温風で乾かしていました。
しかしその乾かし方では髪の毛と頭皮にダメージを与てしまうのです。
まず髪の毛をタオルで拭くときはゴシゴシ擦らずに、そっと当てるようにして水分をふき取ります。
冷静に考えれば美容室でゴシゴシ拭いたりはしません。
その後弱いほうの温風で水気を飛ばします。
このときもドライヤーを近づけすぎたり、ずっと同じ場所に当て続けないように注意します。
髪の毛から変な臭いがしてきたら、髪の成分であるケラチンに含まれる硫黄分が解けた証拠ですので確実に髪は傷んでいます。
温風である程度乾かしたら最後は冷風で仕上げます。髪の毛の一番外側にあるキューティクルは魚のうろこのような形状 をしており、
30度から60度の熱で開くと言われています。

冷風を当てることで

ドライヤーの冷風を当てることで開いたキューティクルを戻して髪の内部の水分が蒸発しすぎなないようにします。
自分はしていませんでしたが、自然乾燥も、キューティクルを開きっぱなしにしてしまうので、
髪にはかなりダメージを与えてしまうようです。ドライヤーの方法を変えたことがハゲ改善にどれだけの効果があったのかは
分かりませんが、もともとクセが強かった髪がセットしやすくなりました。

-ハゲ